iPhone修理を正規店に依頼する際のメリット・デメリット

iPhone修理を正規店に依頼するメリットとは

いくら大切に使ったとしても、不慮な事故などでうっかりと壊してしまうことがあるiPhone。仕事やプライベートなど、日常的にiPhoneを使用している人はiPhoneが使えないと非常に困るので、すぐに修理を検討することになります。iPhone修理に出す場合、「正規店」か「非正規店」に修理を依頼することになるでしょう。正規店と非正規店の違いには、メーカーのAppleから認められているかどうかという大きな違いがあります。正規店の場合は、メーカーが提供している純正の修理パーツを使って修理することができます。修理で使用する部品は全て正規品なので、部品を交換しても問題が起る可能性がほとんどないでしょう。正規店では、修理の技術や、サービスのクオリティーが充実しているというのが、最大のメリットとなっています。

iPhone修理を正規店に依頼するデメリットとは

正規店と非正規店でiPhone修理する場合、色々な違いがあり、場合によってはそれが正規店のデメリットになっていることもあります。まず、この2つは使っている部品が違い、正規品を使用している正規店の方が修理費用がかかるケースが多いです。また、正規店で修理をする場合、「本体交換修理」という方式で修理をします。そのため、画面が割れたいるだけでも本体を丸ごと変えるなど、修理費用も高くなることがあります。 また、本体を丸ごと変えるため、データをリセットすることもあるでしょう。非正規店ならば必要な場所だけ修理するので、基本的にリセットをせず、データのバックアップが必要ありません。修理時間も、非正規店ならば壊れている箇所だけ集中的に修理するので、数時間で修理が完了しますが、正規店では1週間近くかかることもあります。スマホは毎日使う人にとっては、修理期間が長く、その間スマホが使えないのは大きなデメリットになるでしょう。

iphoneの修理を吉祥寺とは、吉祥寺にあるiphone修理店に修理を依頼することです。症状や予算、契約内容に合わせて正規店・非正規店を選択することができます。