iPhone修理を自分でする際のメリット・デメリット

iPhoneは自力で修理してもいい?

もしも自分のiPhone使えなくなったら、修理はどうすれば良いのでしょうか。確実なのは、当たり前ですが正規のショップに行って修理に出すことです。しかしショップが近くになかったり、あっても待ち時間がかなり長かったり、修理代がかさんだり、ということもあります。それならばいっそ自分で修理してしまうのもありかもしれません。何よりショップに持ち込むよりも格段に安く済みますから、手先の器用さに自信のある方は挑戦してみるのも一つの手です。もちろんデメリットもありますが…。まずはメリットから紹介します。

メリットは以下のようなものがあげられます。
・ショップよりも安価
・待ち時間、一時預かりがない
・普段見ることのないiPhoneの中身が見られる
画面割れ程度なら、正規以外の修理店に持ち込んだ場合もトレーニングを受けた普通の人が修理を担当することもありますから、それほど難しくはないのかもしれませんね。

大事なiPhoneを守るために

手先の器用さに自信がない、そんな方はネットにアップされている動画を参考にするのが吉です。丁寧に音声付きで解説してくれる動画もあります。ただ、それでも避けられない危険はあります。iPhone自力修理のデメリットは、こちらのような点があげられます。 ・失敗する可能性 ・正規のサービスが受けられなくなる iPhoneはとても身近な存在ですが、精密機械に変わりはないので扱いは慎重にしなければなりません。またこれは正規以外のショップに持ち込んだ際にも言えることですが、一度でも正規サービス以外の修理を受けたり、解体したiPhoneは正規保障の対象外になってしまうので注意してください。もしも金額だけを決め手に自力修理を考えているのであれば、先に正規ショップで見積もりを出してもらうのも良いでしょう。そして一番大切なデータ、これは必ずバックアップを取っておきましょう。お店なら事前に確認してくれますが、自力修理では完全に自己責任になりますから。